介護業界プロによる、高齢者向け住宅、老人ホームのご提案

高齢者を「ちゃん付け」して呼ぶのは、アリ?

高齢者を名前で呼ぶこと

高齢者を名前で呼ぶこと

前回の「A定食とB定食」の記事に続いてこれも、社会福祉主事の研修センターでの授業の一つです。
入居者を苗字ではなく、名前に「ちゃん」を付けて呼ぶのはアリなのか?というもの。
(おじいちゃん、おばあちゃんというのは論外として)
女性はともかく、男性の入居者に対してはさすがに名前に「ちゃん」ではなく、ニックネームで、ということですが。
(山本さんを「やまちゃん」、田中幸三さんを「こうちゃん」あるいは「こうぞうさん」というように)
私は今まで、それも普通にアリだなあと思っていたのです。
入居者の中には結婚してからの記憶が無くなっている人もいます。
そんな人を苗字で呼んでも、自分が呼ばれているかどうかわからないじゃないですか。
子供の頃の記憶しかなかったり、名前で呼ばれたいのに、いつでも「◯◯さんの奥さん」とか、「◯◯さん」としか呼ばれなかったら寂しいですよね。
この問いかけに対して研修生の中に1人、頑なに「絶対に苗字にさんを付けて呼ぶべきだ」と主張する若い男性がいました。
講師が何故かと尋ねると「ちゃん付けするということは、高齢者の方の尊厳を冒涜するものだから」というものでした。
ちゃん付けするというのは、その人の威厳も社会的立場も低く貶める(おとしめる)ことだ、とも言っていました。
人それぞれ、考え方に違いがあるし、その人は今までの介護経験からそれを実践してきたのでしょう。
それはそれで間違ってはいないと思います。
大事なのは自分の意見を他人に押し付けないということだと思うのです。
うちの両親を施設に入居させ経頃ですが、しばらくは3通りの呼び方をされていました。
母を苗字で「◯◯さん」、名前を「△△ちゃん」「△△さん」というように。
父の場合は普通に苗字に「さん付け」でしたが、母は心なしか名前にちゃんを付けられて呼ばれるとニコっと笑って嬉しそうでした。
私の知る限り母は子供の頃、兄弟姉妹から「◯◯ちゃん」と呼ばれていて、その頃の記憶が強いとすれば、そう呼ばれて安心したのかもしれません。
欧米では年齢に関係なくファーストネームで呼び合っていますが、日本ではまだまだニックネーム以外は苗字に「さん付け」で呼ばれますよね。
施設に入居する際、こういった細かいことを聞かれることがあります。
「ご本人は何と呼ばれたがっていますか?」と。
本人が希望したとおりに呼んでもらえると、やはり機嫌がよくなります。
嫌がっているのに無理やり「ちゃん付け」で呼ぶことはありませんが、呼ばれた時の顔を観察して呼び方を変えるというのも、本人が落ち着く要素の一つだと思うのです。
HOME

関連コンテンツ


Scroll Up