クローバーホームのご紹介 > ブログ > 知らないと怖い、歯科インプラント

知らないと怖い、歯科インプラント


有料老人ホームを経営してますと、入れ歯のご高齢者が多いのに気が付きます。
現在の歯科治療では、インプラントという方法で、解りやすく言うと、骨に杭をドリルで打ち込みその杭に義歯を固定する事です。
ここでは私の失敗談を掲載させて頂きます。

実は失敗して元より悪くなる事がある

私の経験に基づき掲載することにします。
インプラントは結論として、他の方法も沢山検討してからするべきです。
状態によっては、入れ歯の方がずっと安全だったりします。
また、今では歯の再生医療も東京医科歯科大学等で実際に施術されています。
焦って、数百万もするインプラントを施術は絶対にしない事です。

歯科医は歯医者で医者ではない

上記で書きましたが、東京医科歯科大学付属病院等、大学病院系では、研究をしてそれを実際の臨床で試したりしてます。
この方たちは、歯科医で有り」研究者ですね、まずインプラントを進められるほど悪いのでしたら、大学病院に行き、最先端医療等を検討することが良いと思います。

 

私の場合、歯周病が原因で歯槽膿漏になり歯を失いました。
私が通院した歯科医は自称インプラント専門医で、いい事ばかりまくし立てられ、決断してしまいました。
そう「口がうまい歯医者」なんです。
地方からワザワザこの歯科医に来て、1日でインプラントを施術し、翌日には義歯もいれて帰宅。そんな話を散々聞かされまして、
これならこの「歯医者」任せようと思ってしまいました。

 

結論から言いますと、実際には半年以上治療期間がありました。
毎回、言い訳されましたね・・・・・汗
歯科医用のCTスキャンがありまして、私は2回撮影をしました。
その時に副鼻腔炎であることが発覚しまして、それでも腕がイイから、うまく施術しますね!といわれしっかり信じてしまうのでした。
そして私のインプラントは2ヶ月もたずに2本ダメになり取り除く結果となりました。
結論として3年ですべてのインプラントがダメになり、現在上の歯は総入れ歯状態です。
副鼻腔炎に関しては上の歯をすべて抜歯すると歯槽膿漏が治るので、1週間程度抗生物質を服用すればなおりますとも言われたんです。

本来すべき治療方法が間違っていました。

その後も頭痛がしたり・・・それで耳鼻科に行きました、ただレントゲンがない耳鼻科で、インプラントの話をしたら即大学病院を紹介するから、解体しましょうと言われ最悪の気分になりました、この話をすると歯科医は耳鼻科はなにもわかってないとご立腹でした・・・・汗

 

さて、本来は何で歯がなくなりインプラントを施術する羽目になったのか
わたしと同じ人は多いと思いますが、歯周病⇒歯槽膿漏という流れの場合、ほとんどが副鼻腔炎です、ですから、まず悪い歯を抜歯して、耳鼻科に行き副鼻腔炎の治療をして、抜歯後1年位は、総入れ歯や部分入れ歯で過ごして完全に副鼻腔炎の治療をすることです。
怖い話ですが、歯槽膿漏になると抜歯した歯の付け根に膿胞が付いており、それが知らず知らず、歯がある部分の骨を溶かしてしまうのです。
ですから、歯槽膿漏の場合は薬でダメならすぐ抜歯しないとどんどん上あごが薄くなります、当然もろくもなるので、インプラントの杭は折角入れても崩壊しやすくなるんです。

 

因みに私の副鼻腔炎が悪化してると気が付いたのは、頭痛の為、脳ドッグに行きMRIやMRAと頸椎のレントゲンを撮った時です。
医師から、脳の血管等は全く問題ありません、気になるのはかなり副鼻腔に問題があります。
インプラントされた時副鼻腔炎に気が付きませんでしたか?と言われ、ぞっとしました。
そこで、医科歯科大学のOBである耳鼻科を紹介いただきまして、1ヶ月間通院し、様々な抗生物質と乳酸菌等を飲み増して頭痛はなくなりました。
なんと毎年春になると花粉症だと思っていたのは、実は副鼻腔炎でした、今現在花粉症ではないので春でも鼻すっきりなのです。

インプラント豆知識

例えば右下の奥歯が2~3本ダメになった場合、3本に見える1本の義歯を使い、インプラントは2本です。
2in1(ツーインワン)と言います。2本の杭で1本の大きな義歯を支えます。
私のように上がすべて無い場合、骨が強い人はインプラント杭が4本、私のように骨が細い人は杭を6本です。
そして総入れ歯の様に1本にすべての歯が付いている義歯を作ります。
私の場合は6in1ですね、6本の杭にレール上の金で作ってビスではめ込みそこに義歯をパコッとはめます。
2ヶ月で2本崩壊しても4本が有ったので問題ないのです。

 

義歯は素材で価格も相当違います。
プラチナ土台にセラミックの義歯が1番たかいです。
でも下の歯にセラミックをかぶせた歯がある場合、セラミックは摩擦に強いが衝撃に弱くシナりませんので、どちらかが割れる可能性がとても高いですよ
私も実際4カ月で割れました、その時歯医者にセラミック同志ではしなりが無いから当然割れると思うんですがと質問すると、「イエ、あなたのかむ力が強いから割れるのです」と回答、その後も2ヶ月で割れました(大笑い)
あまりに知識がなさすぎる、また勉強していない、と飽きれました。
私若い頃超硬合金、切削マシン等を販売する仕事に付いてましたので、良く知っております。
最終的は、ハイブリッドセラミックとかいう、俗にいう、超~高級プラスティックの義歯で割れなくなりました。
当然ですよね、しなりが有りますから、簡単には割れません。

 

最後に、インプラントしやすいからと、私の場合元気な歯も抜歯しました、これはとても後悔してます。
インプラント崩壊し、施術前より悪くなる、まさに今の私がそうです。
私の周りには、数人ですが、インプラント失敗して体調を崩したりといった方がいます
私は、今なら歯科インプラントは進めません、総合的に検査治療ができる歯科医があれば別ですが、
街中の歯医者は絶対おすすめしません。

 

更に、インプラントをしている方が事故や暴力で口を負傷、殴られた場合、創造したくないですよね・・・
あごの骨も折れてしまうかも・・・汗

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

将来認知症にならないために、予防、検査をしましょう。

知らないと怖い、歯科インプラント:関連ページ

L.ロイテリ菌、口腔ケア(口臭対策)に加え胃腸の環境改善に効果大
生きる乳酸菌は口腔にも胃腸にも効果が凄いんです。 先日、TV番組で見ました、「バックエイジング」を目的とした番組内容です。 そこで、薄毛に悩む元グラビアアイドル、「細川ふみえ」さんをバックエイジングする内容です。 薄毛の […]
映画 深夜食堂
2016年11月に公開された映画です。 元々は、ビックコミックオリジナルに掲載されたマンガだそうですが、私はマンガは一切読みませんので、TVドラマ化されたのをきっかけに、深夜食堂を知りました。 主人公は、新宿で夜12時開 […]
アマゾンが「お坊さん便」なるものを販売
アマゾンがお坊さん便という商品を販売して仏教団体から苦情が とっても解りずらいのが、お葬式、法事ですね、戒名もまったくわかりません。 これっていたって今の時代、普通ですよね、そこで「お坊さん便」というのが登場しました。 […]
遊びながら楽しく学べる電動知育ブロックIQKEYって知ってますか?
高齢者の脳の老化防止になにかイイ、アイテムはないかと探していたら あそびながら楽しく学べるロボット作り電動知育ブロックIQKEYという商品を見つけました。 テレビ、メディアでもも沢山紹介されているのです。 目ざましテレビ […]
口腔ケアだけじゃない、L.ロイテリ菌がすごい!
テレビで紹介され、話題のL.ロイテリ菌ですが、口腔ケアだけじゃないのです。 ストレスを感じている方、便秘でお悩みの方、健康にダイエットがしたい方。 歯槽膿漏でお悩みの方、子供の虫歯予防をお考えの方。 お口がベタベタする、 […]
新ヘパリーゼプラス、ヘパリーゼプラスII の最安値
以前、私のブログで紹介しました新ヘパリーゼプラスは昨年新しくなってました。 新しい名前は「ヘパリーゼプラスⅡです」ヘパリーゼプラス2でもいいのかな・・・ 昨年の11月位から、新ヘパリーゼプラスがとても高価になりましたね、 […]
YJカード(ヤフーカード)のお得な話
私はYJカード(ヤフーカード)を2年利用してます。 最近分かったことなのですが、JCBカードと併用するととってもポイントが増える事がわかりました。 因みに、私はコンビニやスーパーでたばことお酒を買います。 ご存じのとおり […]
トレーニングからフルマラソンまで対応する時計
この時計は優れものです。 東京マラソンを走った一般のランナーがこの時計を購入して走ったそうです。 とても役立ったそうですよ! 毎日のジョギングにも利用できる優れものです ・高性能GPSチップ搭載 ・高精度脈拍センサーを搭 […]
北欧風、素敵な2人掛けソファー
Henry(ヘンリー) バッスム 2人掛け ソファー RTO-921GR   インテリアとして今とても人気があるのが北欧風のインテリア、家具ですね。 本当の北欧の家具は少々価格が高いので、北欧風のソファーをご紹 […]
アイリスオーヤマ 真空パック フードシーラー VPF-385Tを買いました。
以前から気になっていたのが、「真空パック機」です。 例えば弊社の老人ホームで欠食があったとき、捨てるのはもったいないですよね そんな時、簡単に真空パックして冷凍保存する。 買おう買おうと思っていつも忘れてしまい、やっと今 […]